ペット葬儀のマナー~どう挨拶するか~

マナーはキチンと守りましょう マナーはキチンと守りましょう

声を掛けるのもペット葬儀のマナー~落ち込む友人を励ます~

花

ペット葬儀のマナーの中で、忘れられがちなのが挨拶です。「この度はご愁傷様でした」と言うのは基本的な挨拶ですが、それ以外何をいえばいいのかと言葉に詰まる人は多いです。そんな人のために、ペット葬儀における挨拶のマナーを紹介していきます。

落ち込む友人への声をかける

病気でペットが亡くなった時
基本的に、闘病生活を頑張ったペットと、看病をした飼い主それぞれに労いの気持ちを込めた言葉をいうことになります。例えば「〇〇(ペットの名前)ちゃんはつらくても頑張って最期まで生きたんだね」とか「最期まで看病してあげてたんだし、最後は幸せに逝ったと思うよ」といった言葉が当てはまります。なお、これはあくまで一例であり、ペットの年齢や病気によってかける言葉は若干変わります。
突然亡くなった時
このケースは非常にかける言葉が見つかりにくいですが、飼い主が自分を責めているようでしたら、その心労を和らげるような言葉を投げかけることになります。例えば「突然のことなんて誰も察知できないんだし、自分をあまり責めないで」といった旨の言葉をいえば、幾分か心労が軽くなります。
老衰だった時
長く過ごせば過ごすほど思い出は大きなものになっており、失った時のショックも比例して大きくなります。かけてあげられる言葉としては、最後を看取った時の辛さが報われるような言葉をかけてあげるのが正しい挨拶となります。例としては「大往生だったね、幸せな一生を送れたと思うよ」といった旨のセリフをかけてあげましょう。

注意したい声を掛ける時のマナー

お悔やみのマナーとしては、デリカシーのない挨拶をすることや、慰めようと軽い感じで死を話すことです。ペットに死なれた飼い主は気分がナーバスになっているものであり、こちらの意図が伝わらない場合もあります。そのため、相手をより悲しませることになりかねません。ですので、心からのお悔やみ気持ちを伝えましょう。

TOPボタン